メバリングのプラグ仕掛けと時期

メバリングのプラグ仕掛け(ロッド・リールなど)と時期

メバリングと言えば、ジグヘッドとワームを使った釣りというイメージが強いです。

 

実は、他にもいろいろな釣り方があります。

 

今回は、プラグを使った釣り(プラッキング)についてご紹介したいと思います。

 

 

そもそもプラグとは何なのでしょうか?

 

トップウォーターやミノーなどのハードルアーのことです。

 

 

ジグヘッドもプラグも、表層から底まで狙うことは可能です。

 

ジグヘッドは何もしないと沈んでしまいますが、プラグの中には浮くものもあります。

 

そのため、プラグ(浮くタイプ)の方が浅い棚を狙うのには適しています。

 

 

他にも大きな特徴があります。

 

ジグヘッドはそれぞれが思いどおりの棚を好きなアクションで誘うことができますが、プラグはルアーごとにアクションなどが設定されているので、自由自在に誘うというわけにはいきません。

 

その代わり、誰がやっても、同じような誘いを再現できます。

 

特に、メバル用のプラグはメバルが釣れる棚やアクションを意識して作られているので、大きな武器となります。

 

非常に使いやすいです。

 

しかも、プラグの方が良型のメバルを釣ることができます。

 

 

また、ジグヘッドの重さは1〜2gですが、プラグは2〜4gあるので投げやすいです。

 

軽いものを投げるのは少し慣れがいります。

 

重いので、飛距離を稼げます。

 

これらのことから、プラグの方が初心者にはおすすめです。

 

 

プラグは、小魚がメインのベイトとなる3〜5月が最盛期となります。

 

産卵後(2〜3月)のアミを捕食する時期も有効なことがあります。

 

場所によって若干異なります。

 

 

プラグを使ったメバリング仕掛けは、次のとおりです。

 

メバリング プラグ

 

ロッド

メバリングのプラグ仕掛けで使うロッドの詳細はこちらを!

 

 

リール・ライン

スピニングリールが適しています。

 

サイズは、2000番前後です。

 

ロッド同様に、メバリングで使用するものとほとんど同じでよいです。

 

「メバリングリールのサイズは?ダブルハンドルの方がよい?」を参照

 

 

 

 

ラインは、飛距離が出るPEを使います。

 

0.2〜0.4号を使うとよいです。

 

 

リーダー

ラインがPEの場合は、リーダーを使います。

 

フロロカーボンの4〜6lbを1mぐらい付けておけば問題ありません。

 

 

プラグ

プラグには、いろいろな種類があります。

 

狙う棚によって、プラグを使い分けるとよいです。

 

使い分けについては次のとおりおです。

 

表層

 

メバルのプラッキングと言えば、まさに表層での釣りです。

 

浮いているメバルにプラグを食わせるのは最高です。

 

もっとも楽しい釣り方です。

 

クランクベイトミノー(フローティングタイプ)がおすすめです。

 

少し潜らせてから浮かせるとよい誘いになります。

 

ペンシルベイトポッパーでも狙えます。

 

 

中層

 

棚を少し下げて釣るのに適しているのが、ミノー(スローシンキングタイプ)クランクベイトです。

 

水面に飛び出すことなく、棚をキープできるのが強みです。

 

あと、シンキングペンシルも人気のプラグです。

 

飛距離が出て、ナチュラルなアクションで食せることができます。

 

 

底層

 

メバルが底付近にいる時におすすめなのが、メタルジグメタルバイブです。

 

水深が深いと、沈むスピードが速いプラグで攻めた方が効率的です。

 

リアクションバイトを誘発させやすいというメリットもあります。

 

 

 

個人的には、まずミノーペンシルをしっかりマスターするとよいと考えています。

 

メバリングで使うミノーとペンシルの詳細はこちら!

 

なお、スナップを使うと、簡単にルアーを交換できるのでおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「メバリングのプラグで使うロッド(タックル)でおすすめは?

ホーム