メバリングにおけるナイトゲームとデイゲームの仕掛け・釣り方の違い

メバリングにおけるナイトゲームとデイゲームの仕掛け・釣り方の違い

メバリングにおけるナイトゲームとデイゲームの仕掛け・釣り方の違いについてご紹介しています。

 

ナイトゲーム

メバルは夜行性です。

 

夜になると、メバルはエサを求めて活発に動き回ります。

 

表層付近まで浮いてくることも珍しくはありません。

 

そのため、ナイトゲームでは浮いてきたメバルを狙うのが鉄則です。

 

 

メバルが浮いてくるのは、常夜灯周辺が多いです。

 

まず、常夜灯周辺でメバルが浮いてきているのかどうかを確認します。

 

浮いてきていなかったとしても、ベイトが泳いでいれば浮いてくる可能性が高いです。

 

このような場合は、表層付近を狙います。

 

表層付近を狙うので、ジグヘッドより浮くタイプのプラグで攻めた方が釣りやすいです。

 

 

逆に、メバルやベイトが確認できない場合は、表層から徐々に深い棚を攻めていった方がよいです。

 

始めから、底付近を攻めてもよいです。

 

このような場合には、沈むタイプのプラグを使います。

 

 

良型のメバルは、一般的に常夜灯の光と影の境目にいることが多いです。

 

暗いところにキャストして、境目付近で食わせるとよいです。

 

大型は、底付近にいることが多いと言われています。

 

そのため、大型狙いで底付近を攻めてみるのも面白いです。

 

メバリング ナイトゲーム デイゲーム

 

 

デイゲーム

先ほども述べましたが、メバルは夜行性です。

 

そのため、日中はテトラや岩などの陰に隠れてじっとしています。

 

ただ、一部の活性の高いメバルは浮いていることがあります。

 

もちろん、夜ほどは浮いてはいませんが。

 

浮いているメバルは、活性が高いので絶好のターゲットとなります。

 

 

朝夕マズメ浮きメバルを狙うとよいです。

 

まず表層付近から攻めていくとよいです。

 

反応がなければ、深場(底付近を含む)を狙います。

 

底付近を狙うのなら、やはりワームとジグヘッドの組み合わせがよいように思います。

 

沈むタイプのプラグでもよいのですが、どちらかと言うとジグヘッドを使う人が多いです。

 

 

次に狙いたいのが、潮が当たる場所潮目ができる場所です。

 

このような場所に、岩場や海藻帯、人工のストラクチャーがあれば、メバルがいる可能性がアップします。

 

 

これら以外では、広範囲を探る必要があります。

 

深さ(表層から底まで)だけではなく、ポイントの遠近まで幅広くです。

 

やみくむに探るのではなく、沖のシモリなどメバルが潜んでいそうなポイントを探るのが効率的です。

 

 

デイゲームは明るいので、メバルに人間の気配などを察知されやすいです。

 

そのため、キャストの際にも細心の注意が必要です。

 

キャストは、狙ったポイントよりもかなり潮上に行います。

 

できるだけ不要な音を立てず、メバルの警戒心を高めないようにします。

 

そして、潮の流れに乗せてメバルの前にルアーを持って行きます。

 

この時、棚をキープして流します。

 

食わなければ、リフト&フォールなどで誘いを入れます。

 

 

遠くのポイントは、フロートリグで狙います。

 

狙ったポイントよりも、沖の方の潮上にキャストします。

 

潮の流れに乗せながら巻いてくると、メバルの前にルアーを持って行くことができます。

 

 

ナイトゲームとデイゲームによって、あるいはその時の状況によって仕掛けや釣り方(攻める棚など)が変わってきます。

 

どの棚を攻めるのかで、どのルアーを使うのかが変わってきます。

 

日によって、ワームの方がよかったり、プラグの方がよかったりと異なりますので、釣れない場合はいろいろなルアーを試してみる必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「春メバルのポイント

ホーム