メバリングのドリフト釣法とスプリットショットリグ

メバリングのドリフト釣法とスプリットショットリグ

メバリングは非常に奥が深い釣りです。

 

基本的な釣り方から応用の釣り方までいろいろあります。

 

ここでは、メバリングのドリフト釣法についてご紹介しています。

 

ドリフト釣法とは

ドリフト釣法とは、ルアーを流れに乗せて釣る方法のことです。

 

ルアーを自然に流すことで、警戒心が強い魚にも違和感なく食わせることができます。

 

練習しないとマスターできない釣り方ですが、マスターできると釣り方に幅ができます。

 

メバル釣りだけでなく、シーバス釣りなどで用いられています。

 

 

ドリフト釣法のやり方とコツ

ドリフト釣法のやり方とコツについてです。

 

メバリングのドリフト釣法

 

堤防で行う場合、堤防と平行に潮が流れていることが望ましいです。

 

まず、仕掛けをキャストします。

 

必ず潮上にキャストしなければなりません。

 

 

着水後、ルアーは沈みながら流されます。

 

着底するまで、リールは巻きません。

 

この間、ルアーはカーブフォールしています。

 

 

着底すると、ラインがフケます。

 

ドリフト釣法がいくら流れに乗せて釣ると言っても、このままでは根掛かりしてしまいます。

 

そのため、フケた分はリールを巻いて取り除いておきます。

 

つまり、ラインのフケを取りながら潮の流れに乗せてルアーを流すのです。

 

ルアーは、水平移動することになります。

 

 

ある程度潮下まで流れると、仕掛けを回収します。

 

これ以上流すと、ルアーは潮の抵抗を受けて浮き始めるためです。

 

回収した後、再びキャストしてこれを繰り返します。

 

 

遠投すると、それだけたくさんのラインが出ていくので、その分深いタナを狙うことができます。

 

攻めたいタナに合わせて、キャストする距離を調整します。

 

スポンサーリンク

 

 

メバリングのスプリットショットリグ

メバリングのスプリットショットリグを使った釣り方です。

 

メバリングのスプリットショットリグ

 

スプリットショットリグは、ジグヘッドの他にもう1つオモリを使って行う釣り方です。

 

スプリットショットリグを採用すると、ジグヘッドとオモリの2つに重さを分散させることができます。

 

つまり、軽いジグヘッドを使えるようになるのです。

 

ジグヘッドが軽いと、沈下速度が遅くなります。

 

これにより、魚の警戒心を和らげて食わせることができます。

 

遠投しなければならないが、重いジグヘッドは使いたくないという時におすすめです。

 

 

この仕掛けをキャストすると、重いオモリの方が先に沈んでいきます。

 

これにつられて、ジグヘッドも沈みます。

 

重いジグヘッドを使うよりも、ゆっくり沈んでいきます。

 

ワームがふわふわ漂いながr沈むことで、よい誘いがかかります。

 

食いが渋い時に試してみるとよいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「メバリング仕掛けに飛ばし飛ばしウキ(フロートリグ)!これで遠投も可能に

ホーム