メバリングの道具一式【メバル釣り】

メバリングの道具一式【メバル釣り】

メバリングにはいろいろな道具が必要となります。

 

直接釣るのに必要な道具だけでなく、それ以外のものをなくてはなりません。

 

ここでは、最低限必要な道具をご紹介しています。

 

 

もっとも重要なものは、釣り自体に必要な道具です。

 

竿やリールがその主なものです。

 

こういったものに関しては、仕掛けのそれぞれのページでご紹介しています。

 

そちらをご参照ください。

 

 

ここでは、直接釣るのに必要な道具以外のものについて解説していきます。

 

ライト

メバリングは、夜釣りで行うことが多い釣りです。

 

夜釣りは、当然ですが非常に暗いです。

 

常夜灯の光が届く場所ならよいですが、いつもそうとは限りません。

 

そのため、ライトは必須です。

 

基本は、ヘッドライトです。

 

首から下げて使うストラップ付きのライトもあります。

 

どのようなタイプのものでも構いません。

 

 

光の色は、赤がよいとされています。

 

それは、メバルには赤い光が見えないためです。

 

赤以外の光を海面に照らすと、光に驚いて警戒心が強まると言われています。

 

海面を照らさないようにするのなら、何色でもOKです。

 

ちょっとしたことですが、こういったことにも注意したいですね。

 

 

 

 

バッグまたはベスト

メバルリングでは、頻繁に場所の移動を行います。

 

そのため、バッグがあると大変便利です。

 

小物などを入れたバッグを身につけておくと、移動した場所ですぐにルアーを交換することができます。

 

他の必要なものを取り出すこともできます。

 

もしバッグを使わないと、わざわざ取りに戻ってこないといけません。

 

これでは効率が悪いです。

 

今は、膨脹式救命具を組み合わせたタイプのバッグも販売されています。

 

これなら、万が一の時に安心です。

 

まさに一石二鳥です。

 

 

 

バッグの代わりに、ベスト(ゲームベスト)でもよいです。

 

ポケットがたくさん付いているので、小物がrたくさん入ります。

 

よく使う物を入れておくと便利です。

 

ベストにも、フローティングタイプのものがあります。

 

こちらもおすすめです。

 

 

 

クーラーボックス

釣り上げたメバルを入れておくのには、クーラーボックスが必要です。

 

メバルの大きさや量から考えると、10リットルの容量のもので十分です。

 

大きすぎると、移動の際に大変になります。

 

キャリー付きのクーラーボックスもあります。

 

こちらなら、持って運ばなくてもよいので楽ちんです。

 

 

 

他には、ウェアや帽子、グローブ、靴が必要です。

 

これらは、釣り用のものでなくても構いません。

 

釣り用のものは非常に高額だからです。

 

ただ、釣り用のものは高いだけあって、動きやすいなど釣りに適したものとなっています。

 

この辺はご自身の都合で決めればよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「エビクーラーはダイワ・シマノ・プロックス製がおすすめ

ホーム