メバルのウキ釣りの釣り方

メバルのウキ釣りの釣り方

メバルのウキ釣りの釣り方についてご紹介します。

 

メバル釣りで狙うべきポイント

ウキ釣りでメバルを釣る時は、次のようなポイントを狙うとよいです。

 

メバル ウキ釣り

 

潮通しのよい堤防の先端や、夜の港内の常夜灯の下などが、好ポイントとなっています。

 

 

昼は底付近や障害物に隠れていますが、夜は中層から表層まで浮いてくることもあり、活発に動き回ります。

 

おすすめは夜釣りです。

 

夜釣りをする場合、できれば明かりのある波止が理想です。

 

明かりがあると、周りが見えるので安全に釣りを行うことができます。

 

その上、エサが集まってくるのでメバルが寄ってきます。

 

特に、明かりの明暗の境目は狙い目です。

 

ノベ竿を使う時は注意!

 

リールを使う時は、水深や足場の高さについて考慮する必要はありません。

 

しかし、ノベ竿を使う時はそうはいきません。

 

ノベ竿は、竿の長さまでしか仕掛けを伸ばせないためです。

 

おすすめは、水深が5m以下足場が低い場所です。

 

理想は、“竿の長さ=足場の高さ+水深”です。

 

これなら、ちょうど底まで仕掛けが届きます。

 

ただし、明らかにメバルが浮いている場合は、深い水深や足場が高い場所でも問題ありません。

 

底まで沈める必要がないためです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

メバルのウキ釣りの釣り方

はじめに、ウキ釣りのエサについてです。

 

刺し餌はオキアミやアオイソメ、活きエビ(特にモエビが人気)など、撒き餌はアミエビ、活きエビなどが使われます。

 

メバル釣りのエサについては、こちらが参考になります。

 

 

ウキ釣りの基本的な釣り方は、次のとおりです。

 

夜釣りの場合、メバルが浮いてきている可能性が高いです。

 

そのため、上の層から攻めていきます。

 

ウキ下は、1.5mくらいから始めるとよいです。

 

当たりがなければ、50cmずつ下げていきます。

 

底付近まで下げても釣れないようなら、場所の移動を検討します。

 

 

仕掛けを潮上に投入します。

 

潮上に投入するのは、メバルが潮に向かって頭を向けているためです。

 

潮下へ流して釣ります。

 

潮下まで流して、ラインがピンと張れば、仕掛けを回収して再度潮上に投入します。

 

 

上で、明かりの明暗の境目が狙い目という話をさせていただきました。

 

このことを利用して、次のように釣るとよいです。

 

仕掛けを流す時は、潮上の明るいところから潮下の暗いところへ流し込みます。

 

 

流す時は、ウキの動きから目を離してはいけません。

 

竿先をウキの流れに合わせて追わせます。

 

特に、糸をピンと張らないように注意しなければなりません。

 

ピンと張ると、仕掛けが浮き上がってしまい、メバルがいる底にエサがいかなくなります。

 

これでは釣れません。

 

メバル釣り ウキ釣りの釣り方

 

 

しばらく流してみて当たりがなければ、軽くシャクってみたり、ウキを引いてみたりして誘いを入れると食ってくることがあります。

 

その後も当たりがなければ、仕掛けを回収し、刺し餌を確認します。

 

エサが残っているようなら、ウキ下を長めにしてみます。

 

後は、これを繰り返して、ウキ下を調整します。

 

それでもダメなら、場所を移動するか、反応があるのなら小さめの針に変えるとよいです。

 

 

エサ(エビやアオイソメなど)が弱っていては食ってくれません。

 

そのため、エサの有無だけでなく、エサが元気に動いているかも確認する必要があります。

 

元気がなければ、すぐに交換します。

 

 

当たりは、ウキが沈むのですぐにわかります。

 

当たりがあっても焦る必要はありません。

 

ウキが沈み始めれば、リールをゆっくり巻いて糸ふけを取り、竿を立てればOKです。

 

どちらかと言うと、早合わせの方がバレやすいです。

 

アオイソメは食べるのに時間がかかるので、特に注意が必要です。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「エビ撒き釣りの仕掛けと時期

ホーム