メバルのウキ釣り仕掛け

メバルのウキ釣り仕掛け

メバルのウキ釣り仕掛け(ノベ竿)

堤防などから、ウキ釣りでメバルを狙う釣り人が多いです。

 

最近は、ルアー釣り(メバリング)の人気が高まっていますが、まだまだこのようなウキ釣りも負けてはいません。

 

ウキ釣りでは、ウキ下を調整すれば、攻める棚を固定できます。

 

そのため、決まった棚にいるメバルを狙い撃ちしたり、根がかりが多いポイントでは根がかりを回避できます。

 

リールを使用すれば、近くの浅棚から遠くの深棚までいろいろと探れます。

 

 

ウキ釣り仕掛けと言っても、いろいろなタイプがあります。

 

ここでは、比較的よく行われている次の2つの仕掛けについてご紹介します。

 

 

メバル ウキ釣り

 

 

竿は、ノベ竿を使います。

 

長さ4〜6mほどある渓流竿などがおすすめです。

 

道糸は、ナイロンの1.5号を使います。

 

ハリスはフロロカーボンの1号で、針はチヌ針3〜5号ぐらいがよいです。

 

ウキは固定タイプです。

 

図は棒ウキですが、玉ウキでもよいです。

 

波が高かったり、潮が速い時は玉ウキの方が適しています。

 

夜釣りの場合は電気ウキを使います。

 

仕掛けの長さは、竿の長さと同じくらいになります。

 

そのため、ポイントは真下の中層・表層を狙うのに適しています。

 

しかも、手返しが早いので、リールで釣るより効率がよいです。

 

ただ、竿の長さより深いポイントを狙うのには不向きです。

 

遠いポイントを狙うのも難しいです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

メバルのウキ釣り仕掛け(リール竿)

メバル ウキ釣り

 

 

竿は、5m前後の柔らかめ(1号)の磯竿がおすすめです。

 

リールは、2000番のスピニングリールが使いやすいです。

 

ラインは、ナイロンの1.5号を巻いておきます。

 

ハリスは、フロロカーボンの1号を使います。

 

ウキは、どのようなタイプのものでも構いません。

 

遊動仕掛けを使っているので、ウキ下を変えれば、いろいろな層を探れます。

 

潮の流れに乗せて、ラインを出していくこともできます。

 

夜釣りの場合は電気ウキ(B〜1号)を使います。

 

風が強い時は、オモリを重くして浮力の強い浮きを使うと仕掛けが安定しやすいです。

 

 

 

 

 

メバル釣り ウキ釣り 仕掛け

 

 

上の両釣り方共に、仕掛けは市販のハリス付きの針を使用すればよいです。

 

ハリス1〜1.5号の仕掛けを用意します。

 

メバルが対象魚の仕掛けを購入しておけば問題ありません。

 

もちろん、自作してもよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバルのウキ釣りの釣り方

ホーム