サーフメバリングの仕掛けと釣り方

サーフメバリングの仕掛けと釣り方

サーフメバリングの仕掛け

サーフメバリングの仕掛けについてご紹介しています。

 

“メバルがサーフで釣れるの?”と思う人がいるかもしれません。

 

実際のところ、サーフでもメバルは釣れます。

 

気温が上がってくるとサーフメバリングの時期です。

 

場所にもよりますが、4月半ばから6月末まで楽しめます。

 

ただ、すべてのサーフで釣れるわけではありませんので、事前に釣具店などで確認しておくとよいです。

 

 

サーフメバリングでは、フロートリグが一般的です。

 

それは、遠いポイントの浅い棚をスローで引いてくることができるためです。

 

ジグヘッドでは難しいです。

 

ここでは、フロートリグ仕掛けについて解説します。

 

サーフメバリング 仕掛け

 

 

ロッド

ロッドは、メバリング専用ロッドを使います。

 

7〜9フィートぐらいの長さがよいです。

 

使おうとする飛ばし浮きの重さに注意が必要です。

 

 

 

リール

リールは、スピニングリールがおすすめです。

 

サイズは、2000〜2500番がぴったりです。

 

 

 

ライン・リーダー

ラインは、PEの0.4〜0.6号を使います。

 

リーダーは、フロロカーボンの1.5号(1m)をセットします。

 

 

飛ばしウキ(フロート)

飛ばしウキは、5〜15gの中から状況に応じて選びます。

 

潮の速さや風の強さなどを考慮して、重さを決めるとよいです。

 

Fシステムを採用。

 

 

 

 

ジグヘッド

ジグヘッドは、0.3〜1gを使います。

 

基本は0.3gで、状況により重くします。

 

 

ワーム

ワームは、ストレートやカーリーテールなどいろいろな種類を使います。

 

サイズは、2インチがよいです。

 

 

サーフメバリングのルアーについて

 

ここでは、ジグヘッド&ワームの仕掛けについて解説していますが、他のルアーも有効です。

 

春メバルには、クリア系のプラグが効果的です。

 

潮が速い場所やポイントを素早く探りたい時には、メタルジグがおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

サーフメバリングの釣り方

サーフメバリングの釣り方についてご紹介しています。

 

夜に釣る場合、明るいうちに障害物などの位置を把握しておきます。

 

そうすれば、暗くなってから効率的に釣りを行えます。

 

 

潮が引いている時は、普段届かないブレイクの沖を狙ってみると面白いです。

 

潮が満ちている時は、フルキャストしてできる限り遠くのポイントを探るようにします。

 

どちらの場合も、重めの飛ばしウキを使って、遠くへキャストします。

 

 

狙うポイントが決まればキャストします。

 

着水すれば、スローのただ巻きを始めます。

 

藻場や障害物周辺の表層付近を攻めるとよいです。

 

 

当たりがなければ、巻く速さを変えるとよいです。

 

たまに、シャクッたり、止めたりすると効果的です。

 

ワームの色やサイズ、種類を変えると食ってくることがあります。

 

 

参考動画

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「磯メバル釣り(メバリング)の仕掛け(ロッド・リールなど)

ホーム