メバルの探り釣りとは?

メバルの探り釣りとは?

堤防などで人気の釣り方の1つに、探り釣りというものがあります。

 

探り釣りとは、文字どおりいろいろな場所を探りながら釣り歩くというスタイルの釣り方です。

 

対象魚としては、メバルやクロダイ(チヌ)、ガシラ、アイナメなどがあります。

 

仕掛けは、非常にシンプルでウキは使いません。

 

釣り方も簡単なので、初心者でも十分楽しめます。

 

 

探り釣りの名称に関しては、非常にわかりにくいです。

 

どういうことかと言いますと、実は地域ごとに探り釣り(探り釣りに似ている釣り方を含む)のことをまったく違った名称で呼んでいます。

 

そのため、まったく別の釣り方だと思っている人が多いです。

 

私も、以前はそうでした。

 

探り釣り メバル

 

スポンサーリンク

 

 

では、探り釣りはどのような名称で呼ばれているのでしょうか?

 

いくつかご紹介します。

 

ヘチ釣り

ヘチとは、堤防などのヘチ(際<きわ>)を狙って釣る方法です。

 

落とし込みと言われる釣り方と同じで、クロダイを釣る釣り方として有名です。

 

 

際釣り

際づりは、堤防などの際を狙って釣る釣り方です。

 

ヘチ釣りと同じです。

 

 

落とし込み釣り

落とし込み釣りは、堤防などで壁際に仕掛けを落とし込んで食わせる釣り方です。

 

クロダイをターゲットに行われることが多いです。

 

 

ミャク釣り

ウキは使わず、手の感触で当たりを取って釣る方法です。

 

海だけではなく、鮎釣りや渓流釣りでも行われる釣り方です。

 

 

穴釣り

穴釣りは、岩場・テトラの隙間に仕掛けを落とし込んで釣る方法です。

 

仕掛けにブラクリが使われることが多いです。

 

主に根魚がターゲットとなります。

 

 

これ以外にもありますが、これらは広い意味ですべて探り釣りです。

 

仕掛けがシンプルなことと、探って歩き回ることは共通です。

 

基本的な釣り方は同じで、このように呼び方がいろいろあると、別の釣り方のようで本当にわかりにくいです。

 

できれば統一して欲しいですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「探り釣りの仕掛けとロッド

ホーム