探り釣りの仕掛けとロッド

探り釣りの仕掛けとロッド

探り釣りの仕掛けは、非常にシンプルです。

 

オモリと針だけが付いたもので、ウキは使用しません。

 

 

使用するロッドの種類別に仕掛けをご紹介します。

 

ただし、穴釣りはこちらで! 

 

 

ノベ(延べ)竿の探り釣り仕掛け

 

メバル 探り釣り 延べ竿

 

ロッドは、長さ5m前後の渓流竿がおすすめです。

 

道糸は、フロロカーボンの1.5号を使います。

 

ハリスはフロロカーボンの1号で、針はチヌ針3〜5号ぐらいがよいです。

 

狙うメバルの大きさにもよるでしょうが。

 

針は少し大きめのものを使った方がよいです。

 

小さい針では、きっちりと針がかりせず、抜けてしまうことがあるためです。

 

夜釣りを行う場合は、ケミホタルを使うとよいです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

磯竿の探り釣り仕掛け

 

メバル 探り釣り 磯竿

 

ロッドは、磯竿がおすすめです。

 

長さは、高い堤防なら少し長い目の4〜5m、低い堤防なら2〜3mぐらいのロッドが使いやすいです。

 

リールが付いているので、あまり長さは気にしなくても構わないと思います。

 

リールはスピニングリールより、両軸リールの方が扱いやすいです。

 

仕掛けについては、上と同じです。

 

Amazonでメバル釣りに使える磯竿を探す!

 

Amazonでメバル釣りに使えるリールを探す!

 

 

リールを使った磯竿の探り釣り仕掛けの方がよいと思います。

 

ノベ竿の探り釣り仕掛けの方は、仕掛けの長さをノベ竿の長さより長くすることができません。

 

そのため、探れる範囲が限られてしまいます。

 

堤防のヘチ(際)を攻めるのに、長いロッドでは若干釣りにくいように感じます。

 

それに、探り釣りは釣れる場所を探して歩き回らなければなりません。

 

長いロッドは重いうえに、小回りがききません。

 

ただ、ノベ竿の方が手返しが早いです。

 

後は、好みで選ぶとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「探り釣りのポイントと釣り方

ホーム