メバリングのプラグのおすすめ【プラッキング】

メバリングのプラグのおすすめ

メバリングのプラグのおすすめについてご紹介しています。

 

メバル専用のプラグなら、ただ巻くだけでメバルにアピールできるように作られています。

 

メバルをターゲットにするなら、やはり専用プラグがおすすめです。

 

 

メバリングでプラグを使うのは、主に浮きメバルを攻める時です。

 

そのため、浅いレンジを得意とするプラグを使わなくてはなりません。

 

ミノーペンシル(特にシンキングペンシル)がおすすめです。

 

 

ミノー

ミノーは、最初に釣り場の様子をみるのに最適なルアーです。

 

メバルが浅い棚にいる時に使うとよいです。

 

ミノーは水の抵抗を受けて、ローリングなどさまざまなアクションを行います。

 

巻く速さで、狙う棚を浅くしたり、深くしたりできます。

 

容易に同じ棚を引いてくることができます。

 

アクションの大きさも調整できます。

 

大きく分けると、フローティングタイプとシンキングタイプの2つがあります。

 

 

フローティングミノー

フローティングタイプは、フローティングミノーと言われています。

 

巻くのを止めると、浮くようになっています。

 

巻き続けると、設定された深さまで潜ります。

 

浮く特徴を活かして、潜らせて引いてきてから浮かせて食わせるという誘い方ができます。

 

 

シンキングミノー

シンキングタイプは、シンキングミノーと言われています。

 

巻かないと、沈むようになっています。

 

フローティングミノーでは攻められない深さまで沈めることができます。

 

 

ペンシル

ペンシルには、フローティングタイプとシンキングタイプがあります。

 

この2つは、まったく使い方が異なるルアーです。

 

 

ペンシルベイト

フローティングタイプは、ペンシルベイトと言われています。

 

文字どおり、止まっている状態で浮くようになっています。

 

メバルが水面で捕食している時に有効なルアーです。

 

風が強い時は、シンキングペンシルの方がよいです。

 

基本的には、巻いてくるだけでよいです。

 

左右にアクションするドッグウォークなどによって誘います。

 

 

シンキングペンシル

シンキングタイプは、シンキングペンシルと言われています。

 

文字どおり、止まっている状態で沈むようになっています。

 

表層付近にメバルはいるが、ペンシルベイトでは食わない時にやってみるとよいです。

 

表層から中層をゆっくり引いてくることができます。

 

沈むという性質を活かして、フォールで誘って食わせることができます。

 

 

プラグの重さは、攻める棚や水深、潮の速さなどを考慮して決めるとよいです。

 

一般的には、10gぐらいまでのプラグを使います。

 

 

まずは、こちらのプラグを試してみるとよいです。

 

ミノーのおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

ペンシルのおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバリングのプラグでの釣り方(アクション)

ホーム