沖メバルの釣り方とえさ

沖メバルの釣り方とえさ

沖メバルの釣り方

はじめに、仕掛けを底まで沈めます。

 

メバルは底付近にいます。

 

1〜2mほど上げて底を切っておきます。

 

特に船を流して釣る場合は、底を切っておかないと根がかりします。

 

沖メバル釣り 釣り方 餌

 

 

基本的には、そのまま当たりを待てばよいです。

 

当たりがなければ、少しずつ上へ棚を上げてもよいです。

 

もちろん、船長からの指示に従ってください。

 

 

撒き餌をまいて釣る方法もあります。

 

疑似餌でもエサでも構いません。

 

撒き餌は、1度にたくさんまかずに、少しずつまくようにすると効果的です。

 

撒き餌が効くと、メバルが当たり出します。

 

当たり出したら、撒き餌の量を減らします。

 

 

メバルが当たれば、すぐには上げずに追い食いさせます。

 

メバルは、基本的に針に掛かかった時だけ引き込み、その後は比較的大人しくしています。

 

こうしたことから、引き込んだ回数で、どれくらいのメバルが追い食いしたのか、ある程度予想できます。

 

予想と異なることも多いですが。

 

スポンサーリンク

 

 

また、当たりが大きければ上針に、小さければ下針に、メバルが食いついたと考えることができます。

 

そのため、当たりが大きければ棚を上げ、小さければそのままにしておきます。

 

沖メバル 釣り方

 

あまり粘り過ぎると、食いついたメバルが逃げてしまう恐れがあります。

 

追い食いは、ほどほどにしておいてください。

 

 

沖メバルのえさ

刺し餌には、ホタルイカを使うことが多いです。
沖メバル えさ

 

他には、イカの短冊や、魚の切り身、オキアミがあります。

 

イカはまったく食わないのに、オキアミは食うということもあります。

 

何種類か用意しておくと無難です。

 

撒き餌には、アミエビが最適です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「」

ホーム