メバル釣りのマイクロテンヤでの釣り方とエサ

メバル釣りのマイクロテンヤでの釣り方とエサ

メバル釣りのマイクロテンヤでの釣り方とエサについてご紹介しています。

 

メバルは夜になると、表層を泳ぎ回ることがよくあります。

 

エサを求めて活発に行動するのです。

 

メバル釣りは、夜釣りがベストです。

 

釣り始めは、表層付近を攻めるとよいです。

 

 

キャスト後、ゆっくりと巻いてくる“スローなただ巻き”が有効です。

 

表層を狙いますので、仕掛けが着水すればすぐに巻き始めます。

 

仕掛けが沈む前に誘い始めるのです。

 

当たりがあれば合わせます。

 

 

何度かやってみて当たりがなければ、もう少し仕掛けを沈めて深い棚を探ります。

 

ただ巻きでは食ってこないこともあります。

 

そんな時は、フォールを入れてみるとよいです。

 

メバルは、沈むものに大きな興味を示すためです。

 

フォール時にラインを張っておくと、当たりが取れます。

 

 

また、当たりがあるのに針がかりしない時は、合わせのタイミングを少し遅らせてみるとよいです。

 

ワンクッションおいてから合わせると、針がかりすることも。

 

他には、当たりがあった時に、ラインのテンションを緩めて、しっかりと食わせると針がかりしやすくなります。

 

 

堤防の際などにも、メバルが潜んでいます。

 

必ず探ってみます。

 

 

この釣りは、頻繁にポイントを変えていかないと、なかなか好釣果は望めません。

 

そのため、釣れない場合、釣れなくなった場合は、すぐに違うポイントに移動した方がよいです。

 

マイクロテンヤ 釣り方 メバル釣り

 

 

使用されるエサには、イシゴカイやアオムシ、シラサエビ、オキアミなどがあります。

 

おすすめは、イシゴカイです。

 

動き回るので、メバルの食いがよいです。

 

生きたエサは弱ると、極端に食いが落ちますので、適度に交換するようにします。

 

また、食いが渋い時はエサの種類を変えてみるとよいです。

 

いろいろ変えることができるように、何種類かエサを持っていくようにします。

 

エサの大きさを小さくするのも有効です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバルのウキ釣り仕掛け

ホーム