メバル釣りのマイクロテンヤ仕掛け(タックルなど)

メバル釣りのマイクロテンヤ仕掛け(タックルなど)

メバル釣りのマイクロテンヤ仕掛けについてご紹介しています。

 

マイクロテンヤとは、ルアー釣りとエサ釣りのいいとこどりです。

 

ジグヘッドにワームではなく、エサを取り付けて釣ります。

 

表層から底まで探ることができます。

 

メバルの食いがよくない時に、誘って食わせることができます。

 

 

マイクロテンヤ仕掛けは、次のとおりです。

 

マイクロテンヤ 仕掛け

 

ジグヘッドを使っている点からも、メバリング仕掛けとほとんど同じです。

 

 

ロッド

メバル釣りのマイクロテンヤ仕掛けで使うロッドの詳細はこちらを!

 

 

リール・ライン

メバリングのリールを使うとよいです。

 

新たに購入するのなら、スピニングリール2000番をおすすめします。

 

ラインは、フロロカーボンの2〜6lbを使います。

 

PEでも構いません。

 

その場合、0.3〜0.5号を使用し、リーダーを取り付けます。

 

リーダーは、フロロカーボンの4〜6lb、約1mを使います。

 

 

ジグヘッド

ジグヘッドは、メバリング用の1〜5gを使います。

 

まずは、1gでやってみます。

 

重さは、風や潮の状況、水深によって変わります。

 

マイクロテンヤ専用のジグヘッドも販売されています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「マイクロテンヤ釣りのロッド(タックル)

ホーム