メバル釣りのエサと付け方

メバル釣りのエサと付け方

メバル釣りのエサと付け方についてご紹介しています。

 

堤防などでの釣りに使われるエサとしては、主に虫系、エビ系、魚系の3つに分かれます。

 

それぞれに特徴があります。

 

虫系

 

虫系のエサは、基本的には年間を通して使用できます。

 

ただし、寒い時期は動かなくなることもあります。

 

虫系のエサとして、イシゴカイアオムシなどがよく知られています。

 

中でも、イシゴカイの人気が高いです。

 

いつでも入手でき、しかもよく動くのでメバルの食いがよいです。

 

ただ、あまり太いものは、メバル釣りに適さないです。

 

 

エサの付け方は、次のとおりです。
メバル釣り エサの付け方

 

ちょん掛け(左)がおすすめです。

 

右のように通して指すと、弱るのが早くなってしまいます。

 

 

エビ系

 

エビ系のエサは、基本的には年間を通して使用できます。

 

特に、寒い時期は虫系がよくないので威力を発揮します。

 

エビ系のエサとして、シラサエビブツエビ(ミナミヌマエビ)などがよく使われます。

 

 

エビクーラーをおすすめします。

 

詳しくはこちらを参照!

 

 

エビが跳ねて動き回りますので、よい誘いがかかります。

 

日中は、下へ泳いでいくブツエビの方がよいです。

 

夜間は、メバルが浮いてきますので、それほど差はないです。

 

 

エサの付け方は、次のとおりです。
メバル釣り エサの付け方

 

ちょん掛け(左)とホオ掛け(右)です。

 

 

魚系

魚系のエサは、基本的にはに使用します。

 

生きたエサが出回るのが春だからです。

 

しかし、最近は冷凍した魚をエサとして使うことも多くなっていますので、冷凍ものなら特に季節は関係ありません。

 

魚系のエサとして、イカナゴシロウオなどがよく使われます。

 

生きた魚がよく食ってくれます。

 

 

エサの付け方は、次のとおりです。
メバル釣り エサの付け方

 

アゴ刺し(左)と目刺し(右)です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「エビクーラーはダイワ・シマノ・プロックス製がおすすめ

ホーム