メバリングの飛ばし浮き(フロートリグ)による釣り方

メバリングのフロートリグによる釣り方

メバリングの飛ばし浮き(フロートリグ)による釣り方についてご紹介しています。

 

この釣り方の最大のメリットは、遠くの表層付近にいるメバルを狙えることです。

 

 

はじめに、ポイントを探します。

 

メバルのエサがいる岩陰藻場などが狙い目です。

 

沖の方だけではなく、足元でも釣れます。

 

ただ、風が強い日や潮が速い日はあまり適していません。

 

 

フロートリグで狙うのなら、メバルが浮いていなければなりません。

 

もちろん、フロートが届く範囲でということになります。

 

また、水深が1〜2mほどの遠浅の場所を狙うのにも適しています。

 

 

夜釣りなら、明かりが重要です。

 

エサが集まってくるためです。

 

潮が流れていないような場所にはメバルはいないので注意が必要です。

 

これらの条件を満たすようなポイントを見つけます。

 

メバリングのフロートリグによる釣り方

 

 

では、釣り方の説明です。

 

釣り方は、非常にシンプルです。

 

飛ばし浮きが付いていますので、通常のメバリング仕掛けよりも遠投が可能です。

 

できるだけ広範囲を探るために、フルキャストします。

 

着水後、ロッドを立てながらゆっくり巻いてくるだけです。

 

これだけで、表層付近にいるメバルにアピールし続けることができます。

 

反応がよくないのであれば、少し巻くスピードを速めます。

 

時折、シャクッてみてもよいです。

 

 

当たりがわかりにくい場合は、横を向いてロッドとラインの角度が90度になるように構えます。

 

この状態で、仕掛けを引いてくると当たりがわかりやすいです。

 

試してみてください。

 

 

キャストする際の注意点!

 

フロートリグでキャストする際には、必ずサミングしてやります。

 

サミングとは、指でスプールを押さえてラインの出を止めることです。

 

なぜ、このようなことをしなければいけないかと言うと、ジグヘッドよりもフロートの方が重いためです。

 

もしサミングしないと、フロートとジグヘッドが絡んでしまいます。

 

サミングすることで、ジグヘッドの後にフロートがきて仕掛けが一直線になります。

 

ただ、サミングをするタイミングは着水の直前です。

 

早過ぎると、仕掛けは一直線にはなりますが、着水音が大きくなってしまってメバルに警戒しやすくなります。

 

きちんとタイミングを計って、サミングできるように練習しておきましょう。

 

 

キャストするポイントについてです。

 

メバルが浮いているポイントにキャストしたいという気持ちはわかりますが、それはNGです。

 

メバルが驚いて散ってしまうためです。

 

必ず少し沖の方へキャストして、引いてきた仕掛けがメバルが集まっているポイントへ来るようにします。

 

 

 

食いが渋い時は、、0.1gなどの軽いジグヘッドやワームでゆっくりフォールさせてみると効果的です。

 

場合によっては、フックだけでもOKです。

 

ワームのカラーや形状を変えるのもおすすめです。

 

メバリング フロートリグ 飛ばし浮き

 

スポンサーリンク

 

 

実は、この釣り方はいろいろなところで使えます。

 

遠くの表層付近にいるメバルを狙うだけではなく、藻場でも大活躍します。

 

藻が生い茂るところは、メバルの好ポイントですが、こういったところは根がかりが多いです。

 

そのため、攻めたくても、なかなか攻められません。

 

しかし、飛ばし浮きを使えば、藻と水面の間をずっとキープでき、根がかりしにくいです。

 

 

潮上にキャストして、潮に乗せるようにして釣ることもできます。

 

この時は、ラインを張らず緩めずの状態をキープするようにします。

 

張らないと、ワームに違和感を与えないというメリットがあります。

 

 

また、シンキングタイプの飛ばしウキを使うと、表層よりも少し深い棚を狙えます。

 

表層では食わなくても、少し沈めれば食ってくることがあります。

 

しかも、その棚をずっとキープしてくれます。

 

フロートのタイプについて

 

浅いレンジを攻める場合は、フローティングタイプを使うとよいです。

 

一方、やや深いレンジを攻める場合は、シンキングタイプを使うとよいです。

 

他にも、表層の少し下を攻めるのに適しているスローシンキングタイプがあります。

 

 

 

深いレンジを狙うには、他に次のようにするとよいです。

 

リーダーを長くします。

 

長くすることで、より深い棚まで落ちていきます。

 

ジグヘッドを重くします。

 

仕掛けが軽いと、思った以上に沈みません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

他には、次のような釣り方もできます。

 

足元にメバルがいるのを確認した場合です。

 

仕掛けを足元に投入します。

 

メバルよりも上で、ジグヘッドを止めます。

 

水面から、1〜1.5mほどが目安です。

 

すると、メバルが興味を示して近寄ってきます。

 

この時、すぐに誘いをかけてはいけません。

 

しばらくそのまま待ちます。

 

 

当たりがなければ、軽くロッドを上下させてシャクります。

 

ロッドを上下させる際は、できる限りフロートを動かさないようにします。

 

つまり、フロートを引っ張らないようにするのです。

 

ワームだけが動くようなイメージです。

 

 

シャクッた後、ゆっくりジグヘッドを沈めます。

 

この時に食ってくることが多いです。

 

後は、これを繰り返します。

 

 

ジグヘッドは、できる限りゆっくり沈める方がよいです。

 

メバルにより長くアピールできるためです。

 

そのため、ジグヘッドは軽い方が有利です。

 

 

へ軽くキャストしても、このような釣り方はできます。

 

できるだけフロートを動かさず、ワームで誘いを入れます。

 

基本は、フォールで食わせます。

 

 

ジグヘッドの重さはこのように使い分ける!

 

足元に沈める場合

ラインの抵抗を受けないので軽いジグヘッドでも問題ありません。

 

沖へキャストする場合

ラインの抵抗を受けるので少し重めのジグヘッドでないと沈みにくいです。

 

 

 

従来のメバリングではできなかった釣り方ができるようになりました。

 

ジグヘッドをキャストして巻いてくる釣りでは食わない時に、試してみると面白いです。

 

 

参考動画

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバリングのプラグ仕掛け(ロッド・リールなど)

ホーム