メバリング仕掛けに飛ばし浮き!これで遠投も可能に

メバリングの飛ばし浮き(フロートリグ)仕掛け

メバリングは、キャストして誘いをかけて釣ります。

 

いかに幅広くポイントを探れるかで、釣果が大きく変わります。

 

そのため、メバリングにおいてキャストの飛距離はかなり重要です。

 

遠くに飛ばせれば飛ばせるほど、広い範囲を探ることができるためです。

 

メバリング 仕掛け 遠投

 

 

仕掛けを遠くに飛ばすには、どうすればよいのでしょうか?

 

長いロッドや性能のよいリールを使ったり、効率のよいキャスト方法をマスターしたりと、いろいろとできることはあります。

 

しかし、それでも限界はあります。

 

最も簡単に飛距離を伸ばす方法は、仕掛けを重くすることです。

 

重ければ重いほど、飛距離は出ます。

 

 

それなら、ジグヘッドの重さを増やせばよいのでしょうか?

 

もちろん、ある程度までは増やせます。

 

しかし、ジグヘッドを重くすれば、メバルの食いが悪くなってしまいます。

 

せっかく飛距離が出てメバルがいるところまで飛ばせても、食わないのでは意味がありません。

 

スポンサーリンク

 

 

他に何かよい方法はないのでしょうか?

 

実はジグヘッドの重さはそのままで、仕掛けを重くする方法があります。

 

それは、飛ばし浮き(フロート)を使うという方法です。

 

流行りのキャロです。

 

この方法なら、仕掛けを遠くへ飛ばせて、食いが落ちることはありません。

 

しかも、遠いポイントの表層付近も狙えるのです。

 

まさに理想的です。

 

 

フロートと聞けば、巻いて横に攻める釣りに使うというイメージが強いです。

 

しかし、巻かずに縦に攻める釣りにも使えるのです。

 

巻いたり、流したりしても釣れない時に有効です。

 

 

<中通し式>

メバリング 飛ばしウキ フロートリグ

 

 

<Fシステム>
メバリング 飛ばしウキ フロートリグ

 

最近では、Fシステムが採用されることが多いです。

 

Fシステムの組み方は次のとおりです。

 

まずライン(PE)とリーダー(フロロカーボン)を結節します。

 

結節した際のリーダーの端糸(余った糸)に飛ばしウキを付けるだけです。

 

中通し式よりも、飛距離と感度がアップするというメリットがあります。

 

 

基本的には、どちらの仕掛けを使ってもよいです。

 

ロッドやリールなどは、どちらの仕掛けでも同じです。

 

 

ロッド

ロッドは、メバリング専用ロッドがよいです。

 

長さは、7〜8フィートぐらいが使いやすいです。

 

 

また、ロッドのスペックを超えるような重い飛ばし浮きは付けないようにしてください。

 

無理をすると、ロッドが破損してしまいます。

 

重い飛ばし浮きを使いたいのなら、適応するロッドを用意しなくてはなりません。

 

適合ルアーウエイトが10g以上のロッドを選びます。

 

ライトゲームロッドやエギングロッド、シーバスロッドなどでもOKです。

 

ただし、これらのロッドで釣ると、硬すぎて当たりを取りにくい可能性があります。

 

専用ロッドで釣った方がより面白いと思います。

 

 

 

リール

スピニングリールを使います。

 

2000番ぐらいがよいです。

 

ベイトリールでも構いません。

 

 

 

 

 

 

ライン・リーダー

ラインは、PEの0.3〜0.6号を巻いておきます。

 

リーダー(上)はフロロカーボンの1.5号、リーダー(下)はフロロカーボンの1号をセットします。

 

フロロカーボンは比重が重いため、沈むのが速いです。

 

少しでも沈む速さを落とすためにナイロンを使うという手もあります。

 

 

飛ばしウキ(フロート)

飛ばしウキは、中通しタイプの5〜15gの中から状況に応じて選びます。

 

Fシステムの場合は、結束して使用するタイプのものを使います。

 

ナイトゲームで使うのなら、蛍光タイプがよいです。

 

フロートの下にサルカンではなく、ストッパーを付けてもよいです。

 

 

 

飛びし浮きには、2種類あります。

 

沈むタイプのシンキングと、浮き上がるタイプのフローティングです。

 

一概にどちらがよいとは言えません。

 

どのような釣りをするかで決めればよいです。

 

狙う棚を少し深くしたいのならシンキング、表層付近を探りたいのならフローティングがベストです。

 

表層よりも少し下の棚を引いてきたいのなら、スローシンキングがおすすめです。

 

 

「ぶっ飛びRockerU」(HFとF)がおすすめです。

 

サイズは、LとLLを使います。

 

ジグヘッドの重さで使い分けるとよいです。

 

 

 

他にも、次のようなものがあります。

 

 

 

 

ジグヘッド

ジグヘッドは、0.3〜0.8gを使います。

 

表層を狙うのなら、フックだけでもよいです。

 

サイズは#8がおすすめです。

 

ジグヘッドは速く沈み、フックはゆっくり沈みます。

 

沈み方の違いを利用して、メバルに最適なアピールをします。

 

 

ワーム

ワームのサイズは、1.5〜2.5インチを使います。

 

ストレート系やシャッドテール系、クロー系などが人気です。

 

 

 

 

 

参考動画

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバリングのフロートリグによる釣り方

ホーム