メバル釣り(メバリング・堤防・船)の仕掛けとロッド・リールなど

メバリングの釣り方

メバリングの釣り方についてご紹介しています。

 

基本的には、2通りの誘い方があります。

 

ただ巻きリフト&フォールです。

 

この2つの方法をうまく使い分ければ、釣果アップ間違いなしです。

 

メバリング 釣り方

 

スポンサーリンク

 

 

それでは、それぞれの誘い方及びどのような状況で活かせるのかについてご説明します。

 

ただ巻き

ただ巻きとは、文字どおりただ巻くだけです。

 

メバリングのもっとも基本的な誘い方です。

 

主に、表層に浮いているメバルや、堤防の際にいるメバルを狙うのに有効です。

 

活性が高い時は、リフト&フォールや速く巻く誘いでも食ってきます。

 

しかし、活性が低い場合は、ほとんど誘いをかけないただ巻きが威力を発揮します。

 

 

巻く速さは、人が歩くぐらいの速さ(1秒でハンドルを半回転〜1回転)が基本です。

 

状況に応じて、速さを変えるとよいです。

 

巻く速さが遅いと、仕掛けは沈みながらこちらへ寄ってきます。

 

逆に、速いと、仕掛けは表層付近を引いてくることになります。

 

巻く速さで、引いてくる棚が変わることに注意が必要です。

 

 

軽くキャストしてからのただ巻きでもよいですし、堤防の際に沈めてゆっくりと巻いてくるのでもよいです。

 

メバルの姿が見えるのに食ってこない時は、やや後方にキャストしてメバルの横をゆっくり引いてくるという釣り方でも構いません。

 

とにかく、メバルに違和感を与えないように細心の注意を払わないといけません。

 

そんな時は、ただ巻きで様子を見るのがベストです。

 

メバリングの釣り方

 

 

リフト&フォール

リフトは持ち上げる、フォールは沈めるという意味があります。

 

ジグヘッドを持ち上げては沈めることにより、メバルが食ってくるのを誘います。

 

 

リフト&フォールは、主に底にいるメバルを狙う時に使われます。

 

底にいる大型のメバルは、食いが渋いことが多いです。

 

そのようなメバルに食わせるには、リフト&フォールのような素早く機敏に動かすテクニックが最適です。

 

誘いにつられて、メバルも思わず食いついてしまうのです。

 

 

具体的には、どのようにすればよいのでしょうか?

 

まず、遠くまでキャストします。

 

遠ければ遠いほど、広範囲を探ることができます。

 

ジグヘッドが底につくと、やや早めのテンポで、ジグヘッドを機敏に動かすイメージでリフトします。

 

その後、フォールさせます。

 

フォールには、フリーフォールとテンションフォール(カーブフォール)があります。

 

フリーフォールとは、ラインを張らない状態で沈めていくことです。

 

テンションフォールとは、ラインを張ったままの状態で沈めていくことです。

 

 

メバルは、フォール時に食ってくることが多いです。

 

テンションフォールなら、メバルの当たりを取りやすいです。

 

フリーフォールでは当たりを取ることは難しいです。

 

 

もっとも気を付けたいのは、根がかりです。

 

岩礁付近などを攻めるだけに、非常に根がかりが多いです。

 

根がかりを恐れて、中層付近にジグヘッドがあるようでは釣れません。

 

いかに根がかりさせずに、攻められるかで釣果が決まってしまいます。

 

海の底をイメージすることが大切です。

 

とは言っても、簡単にそのようなことができれば苦労しませんが。

 

スポンサーリンク

 

 

基本的には、この2つの誘いで大丈夫です。

 

それでも釣れない時は、巻くスピードや狙う層、ワームのカラーなど、思いつく限りいろいろと変えてみると食うこともあります。

 

周りで釣っている人の誘い方を参考にするのは、非常に効果的です。

 

 

 

誘い方

日中の釣り 底中心に中層まで 速いアクション(リフト&フォールなど)
夜釣り 表層から誘いはじめ徐々に深い棚へ スローなただ巻き

 

あくまで目安です。

 

逆の方がよいこともあります。

 

 

当たりは良型ほど大きい?

 

小型のメバルほど、コツコツというわかりやすい当たりです。

 

当たりが大きいので、大型がヒットしたと思って上げてくると、意外と小さくてがっかりすることがあります。

 

良型ほど、コンという小さな当たりです。

 

警戒心が強いのが原因かもしれませんね。

 

 

 

メバルが食ってきた時の合わせについてです。

 

メバルは、基本的には向こう合わせでよいです。

 

特に、早合わせは厳禁です。

 

当たりがあっても、そのままの速さで巻き続けます。

 

ロッドの先を送り込んだり、巻くのを遅くすると食い込んできます。

 

小型のメバルは、これでよいです。

 

一方の良型のメバルは、小さな当たりしかありませんが、この状態で口に吸い込んでいますのですぐに合わせます。

 

針がかりすれば、なるべく早く底を切って浮かせることが重要です。

 

のんびりしていると、根に潜られてしまいます。

 

足元に沈めても釣れる!

 

ジグヘッドは、絶対にキャストしなければならないわけではありません。

 

堤防の際などの足元に沈めるだけでも、メバルが狙えます。

 

 

ジグヘッドを底まで沈めます。

 

フォールの際に食ってくることもあります。

 

着底後、ゆっくり巻き上げます。

 

同じ速さがベストです。

 

途中で、速さを変えない方がよいです。

 

上まで来たら、また沈めて繰り返します。

 

たったこれだけでメバルが釣れるのです。

 

初心者にピッタリの釣り方です。

 

 

フッキングしない時は?

 

コツコツという当たりはあっても、なかなかフッキングしないとことがあります。

 

その原因として、次の2つが考えられます。

 

メバリングフックがメバルの口の中に全部入っていないのか

 

メバリングフックがメバルの口の中に一瞬入っているが、すぐに吐き出されてしまっているのか

 

 

原因によって、取るべき策が変わってきます。

 

メバリングの場合

 

フック(ジグヘッド)を小さくすることで、フックが口の中入り、フッキングしやすくなります。

 

メバリングの場合

 

メバルには食う気があるので、フッキングしやすいようにひと回り大きなフック(ジグヘッド)を使います。

 

 

どのような場合でも、フック(ジグヘッド)を小さくすればよいというわけではありません。

 

 

参考動画

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバリング仕掛けに飛ばし浮き(フロートリグ)!これで遠投も可能に

ホーム