メバリング〜堤防でのメバルの釣り方

メバリング〜堤防でのメバルの釣り方【一文字】

メバルは、基本的にいろいろな場所で釣れます。

 

おかっぱりからでも船からでもOKです。

 

手軽に釣りができるという点では、やはりおかっぱりからの釣りが人気です。

 

中でも堤防からの釣りの人気が高いです。

 

堤防には一文字も含みます。

 

一文字とは、沖の方にポツンとある堤防のことです。

 

陸とはつながっていませんので、船(有料)で送り迎えをしてもらいます。

 

沖の方にあるだけに、いろいろな種類やサイズの魚が釣れます。

 

船代はかかりますが、それだけの価値はあります。

 

メバリング 釣り方

 

 

ここでは、一文字でのメバリングの釣り方について解説します。

 

それほど堤防でのメバリングと変わりませんが。

 

それだけに、ここでの情報は堤防釣りにも活用できます。

 

堤防での釣り方は、メバリングの釣り方をご覧ください。

 

 

仕掛けは、普通のメバリングと同じでよいです。

 

ジグヘッドとワームの組み合わせで釣ります。

 

こちらを参照!

 

 

釣り方についてです。

 

明るいうちは、メバルは壁際やストラクチャー(消波ブロック・岩など)周辺に潜んでいます。

 

そのため、足元へ沈めて狙ってみるとよいです。

 

ある程度沈めたら、シャクるなどしてダートさせてフォールさせます。

 

メバルはフォール時に食ってきます。

 

メバルは上から落ちてくるものに好反応を示します。

 

そのため、少し上の方からゆっくりワームを落とし込むと効果的です。

 

いかに見せて食わせるかがカギです。

 

食わなければ、一文字に沿って移動していきます。

 

 

足元に沈めてダートさせて釣るのに最適なのは、チューブラータイプのロッドです。

 

こちらのロッドがおすすめです。

 

 

メバリング 堤防 釣り方

 

 

暗くなると、常夜灯周辺(特に明暗部分の境目)が好ポイントです。

 

ストラクチャー周辺などもおすすめです。

 

メバルが、エサを求めて活発に動き回るようになります。

 

今まで底の方にいたメバルが浮いてきます。

 

足元を狙う釣りから、キャストして巻いてくる釣りが効果的になります。

 

 

はじめは、すぐに浮いてこないので足元の底の方から狙い、時間の経過とともに表層付近までレンジを上げてくるとよいです。

 

メバルが浮いて来れば、キャストして巻いてくる釣りに変更します。

 

 

巻いてくる釣りでは、キャストしたらあまり沈めないようにします。

 

沈めてしまうと、浮いているメバルがワームを追っかけて一緒に沈んでしまうためです。

 

まずは、浮いているメバルを狙ってください。

 

 

着水したら、すぐにゆっくり同じ速さで巻いてくるようにするのがポイントです。

 

あとは、穂先の微妙なあたりに神経を集中します。

 

コツンと当たりがあれば、軽くは合わせてフッキングさせます。

 

ただ早合わせは禁物です。

 

フッキングすれば、ゆっくり巻いてくるだけです。

 

 

キャストして巻いてくる釣りに最適なのは、ソリッドタイプのロッドです。

 

こちらのロッドがおすすめです。

 

 

 

沖の方へ遠投したいのなら、フローリグがおすすめです。

 

軽いジグヘッドでは飛距離が出ません。

 

そんな時は、フロートを使います。

 

そうすれば、軽いジグヘッドのままで遠投できるようになります。

 

沖の方の表層付近を狙い時に試してみるとよいです。

 

フローリグについてこちらを参照!

 

 

フロートリグなら、こちらのロッドが使いやすいです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバル釣りのマイクロテンヤ仕掛け(タックルなど)

ホーム