メバリングの春パターン 大型メバルを狙うタナは?

メバリングの春パターン 大型メバルを狙うタナは?

メバリングで大型メバルを狙う春パターンについてご紹介しています。

 

ポイントが決まれば、実践あるのみです。

 

 

まず、どの層を狙えばよいのでしょうか?

 

メバルは根魚なので、底を狙えばよいように感じます。

 

しかし、大型メバル(春メバル)を狙うのなら表層です。

 

大型メバルは、捕食モードに入ると、表層まで浮いてきます。

 

捕食モードに入っているということは、活性が高いということです。

 

活性が高ければ、食ってくる確率もアップします。

 

 

それに、底で大型メバルが食ってくると、強烈なパワーで引き込み、強引に根に潜ろうとします。

 

うまく対応できずにバラしてしまう人が多いです。

 

しかし、表層で食わせると、大型メバルと言えども、そうは簡単に根に潜れません。

 

表層で食わせた方がバレる確率が少なくなるのです。

 

メバリング 春

 

 

大型メバルの具体的な釣り方は、次のとおりです。

 

先ほども述べたように、まずは表層を攻めます。

 

日中であっても、夜間であっても同じです。

 

基本的には、メバルが浮いてくるまで待ちます。

 

 

浮いてくれば、仕掛けをメバルよりも沖の方へキャストします。

 

メバルのすぐ近くにキャストすると、メバルが逃げてしまいます。

 

着水後、ゆっくり巻いてきます。

 

 

当たりがあれば、即合わせです。

 

大型メバルであれば、無理をせず、慎重に巻き上げます。

 

事前に、障害物など海の状況を把握しておくとバレにくくなります。

 

 

メバルが浮いてこない時や浮いてきても当たりがない時は、どんどん深いレンジを探っていくようにします。

 

最終的には、底を攻めることになります。

 

なかなか食ってくれない時はワームを変えたり、シャクリを入れるなど誘い方を変えるとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバリングの初夏の攻略法!釣り方・ポイントは?

ホーム