春メバル仕掛け(ロッド・リールなど)

春メバル仕掛け(ロッド・リールなど)

春メバル仕掛け(ロッド・リールなど)についてご紹介しています。

 

春メバルと言えば、大型メバルです。

 

そのため、大型メバル用の仕掛けを準備しないといけません。

 

 

春メバル仕掛けは、次のとおりです。

 

メバリング 仕掛け ジグヘッド ワーム

 

それぞれの釣具の仕様が異なります。

 

 

ロッド

30cmを超えるような大型メバルの引きは強烈です。

 

一気に根に潜られて、バレてしまうことが多いです。

 

そのため、メバルの引きに負けないロッドパワーが求められます。

 

しかも、当たりを弾かない、柔軟で高感度の穂先も兼ね備えていなければなりません。

 

 

長さについても注意が必要です。

 

堤防から釣ると、足場が高いので、短いロッドでは釣りにくいです。

 

メバルの突っ込みに対応するには、8フィート以上のロッドを使った方がよいです。

 

 

 

 

 

 

リール

リールは、スピニングリールを使います。

 

サイズは、2000〜2500番でOKです。

 

ドラグ性能の優れたリールを用意したいです。

 

メバリングで使うリールを参照のこと!

 

 

ライン

ラインは、細くて強いPEが最適です。

 

フロロカーボンやナイロンを使わないのは、強度を上げると太くなってしまうためです。

 

PEの0.2〜0.4号を巻いておきます。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの1.5〜2号をセットします。

 

 

ジグヘッド・ワーム

基本的には、ジグヘッド・ワームは通常のメバリングで使うものと同じでよいです。

 

プラグを使ってもよいです。

 

 

ジグヘッドについてはこちらを参照!

 

ワーム・プラグについてはこちらを参照!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバリングの春(産卵後)の釣り方!ジグヘッドとプラグ

ホーム