メバリングの春(産卵後)の釣り方!ジグヘッドとプラグ

メバリングの春(産卵後)の釣り方!ジグヘッドとプラグ

メバルの産卵の時期は、12〜1月となっています。

 

産卵前は荒食いしますが、直前になるとエサをほとんど食べなくなります。

 

産卵後すぐは、体力消耗と水温の低下が重なって、あまり動かなくなります。

 

 

そして、3月になると、メバルは体力が回復し、高活性となります。

 

かなり釣りやすい時期を迎えます。

 

大型メバルも狙えます。

 

メバルは、底だけではなく、中層、表層と広範囲に散らばっています。

 

 

ジグヘッド&ワームでメバルを狙ってみましょう。

 

この頃になると、イカナゴが回遊します。

 

そこで、エコギア「グラスミノーSS」で中層から底付近をただ巻きやリフト&フォールで探ると、好釣果が期待できます。

 

 

 

また、活性が高まるということで、小魚などにも好反応を示すようになります。

 

そんな時は、ティクト「メタボブリリアント」1.5インチがおすすめです。

 

 

 

棚が広範囲に渡るということで、バークレイ「シュラッグミノー」でゆっくりカーブフォールで食わせるのもよいです。

 

この時のラインのテンションに注意します。

 

張り過ぎると、不自然になってしまいます。

 

 

 

ここからは、春の大型メバルにぴったりのプラグについてです。

 

ジグヘッド&ワームだけではなく、プラグを使うと面白いです。

 

 

代表的なプラグには、ミノーやペンシルベイト、バイブレーションがあります。

 

それぞれには、次のような特徴があります。

 

ミノー

・浮くタイプのフローティングと沈むタイプのシンキングがある。

 

うまく使い分ければ、底から表層まで探れる。

 

・キャストして、ゆっくり巻くだけでよい。

ペンシルベイト

・比較的重いので、飛距離が出る

 

・ゆっくり沈むので、メバルにアピール時間が長い

バイブレーション 

遠投性能に優れており、幅広い棚を探れる。

 

・ある程度の重さがあるので、潮が速いポイントや深場でも使える。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバリングの春パターン 大型メバルを狙うタナは?

ホーム