メバリングロッドの選び方

メバリングロッドの選び方

メバリングロッドの選び方についてご紹介しています。

 

最近人気が高まっている釣り方ということで、新しいロッドがどんどん登場しています。

 

メバリングをやり出した頃は、当然そのようなロッドがありませんでしたので、他のロッドで代用していました。

 

そう考えると、今からメバリングを始める人にとってはよい時代になりました。

 

メバリング ロッド

 

 

おすすめのロッドは、もちろんメバリング専用ロッドです。

 

せっかく専用ロッドがあるのですから、わざわざ他のロッドを使わなくてもよいのではと思います。

 

専用ロッドに勝るものはないでしょう。

 

 

次のような仕様のものをおすすめします。

 

長   さ

7フィート前後のロッドがおすすめです。
8フィートを超えるロッドでも問題ありません。
飛距離(遠投)、操作性、重量なども考慮するとよいです。

ラ イ ン

PEなら0.2〜0.4号、フロロカーボンなら2〜4lbがおすすです。

PEを使うのなら、PE対応のガイドが付いていて、これらの号数のラインを使用できるロッドの中から選ぶとよいです。

ルアー重量

ジグヘッドは0.5〜2gのものがよく使われています。
それ以外に小型のジグやミノーを使うこともあります。
そのため、0.5〜5gぐらいのルアーを使えるロッドがおすすめです。

穂先

(ティップ)

穂先のタイプには、ソリッドチューブラーがあります。
ソリッドは柔らかいので、メバルの食いがよいです。(食い込み重視)
チューブラーは張りがあって感度が高いです。(掛け重視)
ソリッドの方が当たりが取りやすいのでよいかもしれません。
また、仕掛けによって選んでもよいです。
軽いジグヘッドには、柔らかいソリッドの方が使いやすいです。
一方、ミノーやフロートリグ、メタルジグを使う時は、チューブラーの方が使いやすいです。
最終的には、好みで選べばよいです。

 

また、誘い方によって、ロッドを選ぶ方法があります。

 

メバリングの主な誘い方には、2通りあります。

 

リフト&フォールデッドスロー(ただ巻き)です。

 

 

リフト&フォールに最適なロッド

 

リフト&フォールとは、文字どおり持ち上げては沈める釣り方です。

 

ジグヘッドとワームを素早く機敏に持ち上げないといけないため、ロッドには一定以上の張りが求められます。

 

少し長めの7フィートぐらいのロッドの方が誘いやすいです。

 

張りのあるタイプのロッドがおすすめ!

 

 

デッドスローに最適なロッド

 

デッドスローとは、速い誘いに対してメバルがまったく反応しない時に、ゆっくりと誘って食わせる釣り方です。

 

このようにメバルの食いが渋い時は、いかに食わせられるかが大きなカギです。

 

そのため、できるだけメバルに違和感を抱かせないような穂先の柔らかさが求められます。

 

穂先が柔らかいタイプのロッドがおすすめ!

 

 

理想は、どのような状況にも対応できるように、2つのタイプのロッドを用意しておきたいです。

 

そうすれば、もっとメバリングを楽しむことができます。

 

釣れない時に、どうすれば釣れるのか?

 

これが、釣りの醍醐味です。

 

スポンサーリンク

 

 

それでも、持っているロッドを代用したいという人もいると思います。

 

もちろん、他のロッドでも使えます。

 

どのようなロッドなら、代用可能なのでしょうか?

 

 

もっとも代用しやすいのが、アジングロッドです。

 

アジングも、1gのジグヘッドを投げて釣ります。

 

仕掛けが、本当によく似ています。

 

そのような点から、代用は可能です。

 

メバリングロッドとアジングロッドでは大きな違いがあります。

 

違いについてこちらを参照!

 

 

 

トラウトロッドを代用する人もいます。

 

他のロッドでも、使えるものはあると思います。

 

できるだけ、上の条件に近いものを探してみてください。

 

見つけたら、とにかくやってみてください。

 

やってみないことには、わかりませんからね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバリングロッドとアジングロッドの違いは?

ホーム