メバリングのラインはPE・ナイロン・フロロ・エステルのどれがいい?

メバリングのラインはPE・ナイロン・フロロ・エステルのどれがいい?

メバリングで使用するラインについてご紹介しています。

 

ラインには、次のものがあります。

 

  • PE
  • ナイロン
  • フロロカーボン
  • エステル

 

それぞれの特徴を簡単にご説明します。

 

PE

最近のルアー釣りで、主流になりつつあるラインです。

 

強くて軽く伸びないという性質を持っています。

 

伸びないので、アクションがダイレクトにルアーに伝わります。

 

そのため、細かな誘いが可能となります。

 

また、魚の繊細な当たりがわかりやすいです。

 

メバリングでの大きなメリットとなっているのは、飛距離が出ることです。

 

これにより、広範囲にポイントを探ることができます。

 

その反面、風の影響を受けやすいというデメリットがあります。

 

 

ナイロン

強度があって、飛距離も出るということでメリットがあります。

 

そのため、メバリングでナイロンを勧める人が多いです。

 

また、ナイロンは比重が水と同じくらいなので、そこそこは沈みますが、思った以上に沈みにくいです。

 

伸びやすいので、感度が悪いというデメリットがあります。

 

このことが原因で、使わないという人もいます。

 

 

フロロカーボン(フロロ)

ナイロンに比べると伸びが少ないので、比較的感度はよいです。

 

水より比重が重いので、沈みやすいです。

 

根ズレに強いので、メバル釣りに最適です。

 

張りがあるので、トラブルが発生しやすいです。

 

 

エステル

ほとんど伸びないので、非常に感度がよいです。

 

しかし、その反面伸びないので、瞬間的に大きな力が加われると切れてしまいます。

 

そういう意味では扱いにくいです。

 

上の3種類に比べると、知名度はやや低いです。

 

 

個人的には、PEフロロカーボンをおすすめします。

 

理想は、PEとフロロカーボンが巻いてあるリールを2個用意しておき、その時の状況に応じて使い分けるのがよいです。

 

風がない時や仕掛けが軽い時はフロロカーボンを、それ以外の時はPEを使うとよいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバリングのラインの太さ・色とリーダー

ホーム