メバリングのジグヘッドの重さと形状

メバリングのジグヘッドの重さと形状

メバリングのジグヘッドの重さ

ジグヘッドには、さまざまな重さがあります。

 

メバリングでよく使われるのは、0.5〜2gぐらいです。

 

1gがもっとも使われています。

 

あとは、その時の状況に応じて重さを変えます。

 

メバリング ジグヘッド

 

 

では、どうしてジグヘッドの重さを変えるのでしょうか?

 

それぞれの重さのメリットについてご説明します。

 

 

0.5gのジグヘッド

ジグヘッドが軽いほど、食いがよくなる傾向にあります。

 

食いが渋い時に、このジグヘッドを使うとよいです。

 

軽いので沈みにくく、飛距離が出ません。

 

そのため、比較的近場で表層のメバルを狙うのに適しています。

 

 

0.7gのジグヘッド

このジグヘッドも軽いので、食いが渋い時に効果的です。

 

0.5gよりは若干重いので、その分飛距離がアップします。

 

 

1gのジグヘッド

一般的にメバリングで使われる重さのジグヘッドです。

 

食い込み、飛距離共に普通です。

 

まずは、こちらのジグヘッドで様子を見て、状況に応じて重さを変えていけばよいでしょう。

 

 

1.5gのジグヘッド

やや重い方に入ります。

 

飛距離がかなりアップします。

 

比較的早く沈めることができます。

 

一方で、食いが悪くなる傾向にあります。

 

 

2gのジグヘッド

メバリングで使用する中では、かなり重い方に入ります。

 

飛距離がアップするだけではなく、風にも強いです。

 

深場を狙う時に使いたいジグヘッドです。

 

食いが悪くなることは覚悟しないといけません。

 

 

ジグヘッドの重さは、メバルの活性と飛距離、風の状況、攻める棚の水深を総合的に判断して決めればよいでしょう。

 

例えば、深い棚や風が強い時はより重いジグヘッドを、浅い棚をゆっくり攻める時はより軽いジグヘッドを使うとよいです。

 

そのため、ジグヘッドは上で説明した重さのものは用意しておいてください。

 

状況によっては、どのような重さが必要になるのかわかりません。

 

スポンサーリンク

 

 

メバリングのジグヘッドの形状

ジグヘッドの形状には3種類あります。

 

形状と特徴についてご説明します。

 

ラウンドジグヘッド

 

メバリング ジグヘッド 

 

水の抵抗を大きく受けるため、浮き上がりやすいです。

そのため、キャストして中層から表層を攻めるのに適しています。

ワームが大きく揺れるので、メバルに強くアピールすることができます。

 

バレット型ジグヘッド

 

メバリング ジグヘッド 

 

もっともよく使われるジグヘッドで、万能型です。

深場から表層まで幅広く探れます。

レンジキープ力が優れています。

 

矢じり型ジグヘッド

 

メバリング ジグヘッド

 

水の抵抗をあまり受けないため、浮き上がりにくいです。

そのため、深場を攻めるのに適しています。

ダート性能に優れているので、メバルに強くアピールすることができます。

 

はじめは、ラウンドジグヘッドで様子を見るとよいです。

 

その後、釣り方や状況に応じて、ジグヘッドを変えると釣果がアップするかもしれません。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバリングのワームのおすすめ・人気は?

ホーム