ボートメバリングのジグヘッド仕掛け及び釣り方

メバリングの船仕掛け及び釣り方【ボートメバリング】

メバリングは、おかっぱりというイメージが強いです。

 

しかし、船からのメバリングも可能です。

 

 

ここでは、メバリングの船仕掛け及び釣り方をご紹介しています。

 

メバリングの船仕掛け

基本的な仕掛けは、おかっぱりと同じです。

 

メバリング 船

 

ロッド

ロッドは、遠投しなくてもよいので、短い方が使いやすいです。

 

2m前後のメバリングロッドがおすすめです。

 

トラウトロッドなどでも代用できます。

 

キャストしますので、そこそこ張りのあるものの方がよいです。

 

メバリングロッドで人気・おすすめは?」を参照!

 

 

リール・ライン

リールはキャストしますので、スピニングリールの方がよいです。

 

それほど、水深があるところでは釣らないと思いますので、小型でも十分です。

 

2000〜2500番でよいです。

 

ラインは、PEでも、フロロカーボンでも、ナイロンでも構いません。

 

PEなら0.3〜0.4号、フロロカーボン・ナイロンなら2.5〜4lbぐらいが最適です。

 

ただ、ラインの種類や号数を指定している船もあるので注意が必要です。

 

 

堤防などからのメバリングで使うリールと同等か、1サイズ大きめでもよいです。

 

メバリングリールのおすすめは?」を参照! 

 

 

ジグヘッド・ワーム

ジグヘッドの重さは、1.5〜3gをよく使用します。

 

状況により、どの重さを使うかわかりませんので、いろいろ揃えておくとよいです。

 

ワームの種類は、釣り船で聞いて準備しておくのが間違いないです。

 

必ず、ワームをまっすぐ取り付けてください。

 

 

 

浮いているメバルに対して、ミノーやシンキングペンシルを使ってもよいです。

 

メバリングのプラグ仕掛けを参照!

 

 

釣具に関しては、事前に釣り船に確認しておいてください。

 

他の船では問題がないことが、NGになることもあります。

 

メバル釣り 船 メバリング

 

スポンサーリンク

 

 

メバリングの船での釣り方

メバリングの船での釣り方についてです。

 

おかっぱりと同様、キャストします。

 

船で、ある程度ポイントの近くまで行ってくれるため、基本的には軽くキャストすればよいです。

 

 

誘い方は、キャスト後ゆっくり巻いてくるだけです。

 

激しく誘い過ぎると、かえってよくないです。

 

後は、表層から底までのどの層を攻めるかです。

 

明るい内は底から狙ってみるとよいです。

 

 

当たりがあっても、すぐに合わせないで、しっかり食うまで待ちます。

 

食ってきたら、軽くロッドを立てて巻き始めてください。

 

 

当たりがなければ、攻める層を変えるか、巻くスピードに変化を付けるとよいです。

 

ワームの交換も有効です。

 

周りで釣っている人の釣り方を参考にしてみるとよいです。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ボートメバルプラッギングの仕掛けと釣り方

ホーム