メバリングロッドとアジングロッドの違いは?

メバリングロッドとアジングロッドの違いは?

ルアー釣りの人気がどんどん高まっています。

 

そんな中、メバリングやアジングを行う釣り人が増えています。

 

メバリングとアジングの仕掛けは、非常に似ています。

 

 

実際、メバリングロッドでアジングを、アジングロッドでメバリングをすることは可能です。

 

代用できるロッドとして、推奨している人もいます。

 

もちろん、私も代用できると考えます。

 

しかし、代用はできても、場合によっては専用ロッドのような性能を期待することはできません。

 

 

では、メバリングロッドとアジングロッドには、何か大きな違いはあるのでしょうか?

 

両ロッドの違いは、ロッドの先(ティップ)にあります。

 

 

アジングロッドはソリッドティップが、メバリングロッドはチューブラーティップが多いように感じます。

 

ソリッドティップとチューブラーティップには、どのような特徴があるのでしょうか?

 

ソリッドティップ

ロッドの先まで中が詰まっています。

 

そのため、竿先が柔らかく、魚に違和感なく、ルアーを食い込ませることができます。

 

食い込み重視のロッドです。

 

口が弱いアジが掛かっても、バレにくいです。

 

 

 

チューブラーティップ

ロッドの先が空洞になっています。

 

そのため、竿先がしっかりとしていて張りがあります。

 

この張りにより、ルアーの操作性が高くなっています。

 

また、食ってきた時にしっかりと合わせることができる、掛け重視のロッドです。

 

飛ばしウキなどのキャロ系やメタルジグなどの釣りに適しています。

 

 

 

 

メバルを食い込み重視で釣りたいのなら、ソリッドティップロッド(アジングロッド)を使えばよいのです。

 

一方、アジングで飛ばしウキなどのキャロ系で攻めたいのなら、チューブラーティップロッド(メバリングロッド)を使えばよいのです。

 

 

アジングロッドは食い込み重視、メバリングロッッドはアクション&アワセ重視の傾向が強いことを覚えておきましょう。

 

釣り方によって、それぞれのメリットを活かせれば釣果アップ間違いなしです。

 

あとは、好みの問題かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバリングロッドで人気・おすすめは?

ホーム