クロメバル(黒メバル)の船釣りでの釣り方

クロメバル(黒メバル)の船釣りでの釣り方

クロメバル(黒メバル)の船釣りでの釣り方についてご紹介しています。

 

場所によって釣り方が異なるかもしれませんが、大阪湾などでは漁礁の上を流して釣ります。

 

常に船が動いていますので、根がかりには注意が必要です。

 

 

はじめに仕掛けを底まで沈めます。

 

着底したら、0.5〜1m底を切っておきます。

 

その後は、しばらく当たりを待ちます。

 

当たりがなければ、軽くシャクるなど誘いをかけます。

 

 

メバルは、なかなか針に掛かってくれません。

 

用心深いです。

 

エサをつついたりするなど、小さな当たりが続くことがあります。

 

この時に、無理に合わせてしまうと針ががりしないことが多いです。

 

自然に針に掛かるまで我慢する方がよいでしょう。

 

タイミングを見て合わせるのもありです。

 

クロメバル 釣り方

 

 

しばらくして、当たりがなければ、仕掛けを回収してエサの確認をしてください。

 

棚を変えると、食ってくることがあります。

 

いろいろとやってみてください。

 

 

大型のメバルを釣りたいのなら、やや底から上の方を探ってみるとよいでしょう。

 

あまり棚を上げ過ぎると、当たりがなくなってしまいますので、うまく調整しながら上げていくとよいです。

 

 

 

1匹食ってきても、慌てて巻き上げないでください。

 

メバルは群れで行動していますので、まだ他にもメバルがいる可能性があります。

 

始めの当たりがあれば、数回リールを巻き上げて、しばらく追い食いがないか待ちます。

 

追い食いすれば、ちょんちょんと竿先に当たりを感じます。

 

それに、重くなったように感じます。

 

ある程度すれば、仕掛けを上まで巻き上げてください。

 

粘り過ぎると、針に掛かっているメバルが逃げてしまいます。

 

 

細い道糸を使っている場合は、無理をせず慎重に巻き上げてください。

 

ドラグ調整は、必ずしておいてください。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「沖メバル釣りの仕掛け(竿など)

ホーム