クロメバル(黒メバル)の船釣り仕掛け

クロメバル(黒メバル)の船釣り仕掛け

クロメバル(黒メバル)釣りと言えば、おかっぱり(陸からの釣り)でしょう。

 

しかし、船から狙うクロメバル釣りもあります。

 

メバル釣り 船釣り 仕掛け

 

 

メバル釣りは2〜4月が最盛期です。

 

釣り自体は1〜7月ぐらいまで行われています。

 

 

ここでは、船からのエサによるメバル釣り仕掛けについてご紹介しています。

 

船からのメバリング情報はこちらを!

 

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

クロメバル 仕掛け

 

ロッドは、長さが2〜3mでオモリ負荷が30〜40号ぐらいの胴調子のものが釣りやすいです。

 

船用のメバル釣りロッドなら、なおよいです。

 

リールは、小型の両軸リールを使います。

 

道糸はPE2〜3号です。 

 

船によっては、ナイロンを勧めているところもあります。

 

 

胴突き(サビキ)仕掛けを使います。

 

メバルは目がよいので、大きなサルカンや太いハリスはできるだけ避けます。

 

ハリスは1〜2号、針は3〜5本ぐらいがよいです。

 

透明の回転ビーズなどがよく使われます。

 

オモリは、20〜50号を使うことが多いです。

 

 

エサは、シラサエビなどのエビ類やアオイソメ、サバの短冊などです。

 

日によって、どのエサがよいのかわかりません。

 

 

仕掛けやエサなどについては、事前に釣り船で確認しておくとよいです。

 

その方が間違いがありません。

 

 

おすすめの竿

 

 

 

 

おすすめのリール

 

 

 

 

電動リールでも構いません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「クロメバル(黒メバル)の船釣りでの釣り方

ホーム