メバルのカブラ釣り仕掛け

メバルのカブラ釣り仕掛け

メバルのカブラ釣り仕掛けについてご紹介しています。

 

カブラ釣りとは、日本の伝統漁具であるカブラを使った釣りです。

 

カブラとは、簡単に言うと擬似針のことです。

 

ワームやプラグではあまり食ってこなくても、カブラなら食ってくることがあります。

 

沖の方にいる浮きメバルも狙えます。

 

何をやってもダメという時には、1度試してみるとよいかもしれません。

 

 

メバルのカブラ釣り仕掛けは、次のとおりです。

 

カブラ釣り メバル 仕掛け

 

ロッド

ロッドは、オモリ負荷20号ほどの投げ竿か、3〜4号ほどの磯竿がよいです。

 

長さは、4m以上は欲しいです。

 

柔らかめのエギングロッドシーバスロッドでも構いません。

 

硬めのロッドを使うと、メバルが食ってきた時、弾いてしまうので針がかりが悪くなってしまいます。

 

 

 

リール

リールは、キャストしますので、スピニングリールを使います。

 

サイズは、2500番ぐらいがよいです。

 

 

 

ライン・力糸

ラインは、PEの0.8〜1号を巻いておきます。

 

力糸は、ナイロンの5号を使います。

 

 

飛ばしウキ

飛ばしウキは、フローティングタイプでもシンキングタイプでも構いません。

 

状況に応じて使い分けるのがベストです。

 

 

カブラ針

カブラ針は、6〜7号を使います。

 

市販の仕掛けもあります。

 

しかし、思うような仕掛けがなければ、自作してもよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバルのカブラ釣りの釣り方

ホーム