メバル釣りの胴付き仕掛け(ワーム)と釣り方

メバルの胴突き仕掛け(ワーム)と釣り方

メバルを船で釣る際、胴突き仕掛けにワームでも釣れます。

 

最近は、何でもルアー(ワームを含む)で釣る人が増えてきました。

 

メバル釣りも例外ではなく、メバリングをはじめ、いろいろな釣り方にルアーが取り入れられています。

 

 

ここでは、船の胴突き仕掛けに、ワームを付けて釣る方法についてご紹介しています。

 

エサとワームのよい方で釣ってもよいですし、併用して釣っても構いません。

 

 

メバルの胴突き仕掛け(ワーム)

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

メバル 胴突き ワーム

 

ロッドは、オモリ負荷が30号ぐらいで、長さが2〜3mぐらいのものが釣りやすいです。

 

もちろん、メバル専用ロッドでも構いません。

 

リールは、小型の両軸リールに、PE2〜3号を巻いておきます。 

 

胴突き仕掛けは、枝のハリスが0.8〜1号、長さが50cm前後のものを使います。

 

枝が短いものは、ワームが潮でゆらゆらと揺れません。

 

これでは、誘いがかかりません。

 

針は、4本ぐらいがベストです。

 

ワームは、レッド、オレンジ、クリア、グローがおすすめです。

 

 

おすすめの竿

 

 

 

 

おすすめのリール

 

 

 

 

電動リールでも構いません。

 

 

 

 

おすすめのワーム

 

 

スポンサーリンク

 

 

メバルの胴突きワームでの釣り方

胴突きでワームを使った場合の釣り方をご紹介します。

 

ワームなら、普通キャストして、誘って釣るというイメージが強いです。

 

しかし、この釣り方ではほとんどそういったことができません。

 

 

胴突きで釣る場合、キャストしません。

 

下に沈めるだけです。

 

そのため、引きながら誘いをかけることはできません。

 

 

では、どのような誘いをかけるのでしょうか?

 

基本的には、ゆっくり巻き上げるだけです。

 

底から中層までを狙います。

 

必ずしも、底ばかりを攻める必要はありません。

 

比較的底から上でも食います。

 

上の方に良型がいることもあります。

 

後は、反応がよい棚を探って、その棚を集中的に攻めます。

 

 

巻き上げるだけでも釣れるのは、ワームを潮の流れで自然に泳がせて釣るためです。

 

そのため、枝はやや長めにしておく必要があります。

 

当たりがなければ、ロッドを軽くシャクってみたり、少し巻き上げては沈める(リフト&フォール)が効果的です。

 

 

当たりがあっても、すぐに巻き上げずに追い食いを狙うとよいです。

 

1匹目の当たりがあっても、そのまま巻き続けるとよいです。

 

あるいは、仕掛けを上げ下げしてもよいです。

 

どのようにすれば追い食いするのか、いろいろ試してみて、その日のパターンを見つけます。

 

パターンがわかれば、爆釣も夢ではありません。

 

 

ワームは、うまくいくと、エサよりもよく釣れることがあります。

 

エサ釣りに行く時でも、仕掛けは同じなので、ワームを持って行けばよいかもしれません。

 

どちらがよいのか、わかりませんからね。

 

 

こちらはエサ釣りの動画となっています!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバリングの船仕掛け及び釣り方

ホーム