ボートメバリングのプラグ仕掛けと釣り方【ボートプラッキング】

ボートメバルプラッギングの仕掛けと釣り方

ボートメバルプラッギングとは、簡単に言うと、プラグで行うボートからのメバリングのことです。

 

プラグを使うのには、次のようなメリットがあります。

 

  • 飛距離が出る
  • 狙った一定の棚を引いてこれる
  • タイプを使い分けることで表層から底まで狙える

 

 

ボートプラッギングは、年明けから5月ごろまで行うことができます。

 

最盛期は、2〜4月となっています。

 

サイズ・数共によく釣れます。

 

時期は、場所によって異なります。

 

 

ボートメバルプラッギングの仕掛け

ボートメバルプラッギングの仕掛けについてご紹介しています。

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

メバリング プラグ

 

ロッド

ロッドは、取り回しのよい短めのものが使いやすいです。

 

7フィートほどがおすすめです。

 

女性は、できるだけ軽いものの方がよいです。

 

メバリングロッドで人気・おすすめは?」を参照!

 

 

リール

リールは、スピニングリールを使います。

 

サイズは、2000〜2500番がおすすめです。

 

メバリングリールのおすすめは?」を参照! 

 

 

ライン

ラインは、PEの0.2〜0.4号を使います。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの2.5〜4lbをセットします。

 

 

プラグ

プラグは、ミノーシンキングペンシルを使います。

 

狙う棚ベイトのサイズでプラグを選ぶとよいです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ボートメバルプラッギングのポイント

ボートメバルプラッギングの釣り方についてご紹介しています。

 

ボートからの釣りでは、岸壁や消波ブロックなどがおすすめです。

 

ベイトが集まりやすいためです。

 

常夜灯周辺の明るいところは好ポイントとなっていますが、必ずしも明るいところがよいというわけではありません。

 

障害物の影などの暗いところにもメバルは潜んでいます。

 

幅広く探ることが大切です。

 

ボートメバルプラッギング

 

 

ボートメバルプラッギングの釣り方

ボートメバルプラッギングの釣り方についてご紹介しています。

 

基本的には、表層から徐々に棚を下げて攻めていきます。

 

はじめに使うプラグは、フローティングミノーです。

 

ただ巻き表層を引いてきます。

 

次に、スローシンキングタイプやシンキングタイプ表層から棚を下げていきます。

 

こちらのプラグもただ巻きで引いてきます。

 

シンキングペンシルを使うと、表層から底まで攻めることができます。

 

テンションフォールで底まで沈めてから引いてくると効果的です。

 

ストップ&ゴーなどを加えて誘ってもよいです。

 

 

釣れない時は、変化を付けることが大切です。

 

具体的には、巻く速さを変えたり、止めたりするなどして誘います。

 

活性が低い時は、ゆっくり巻いてきた方がよいです。

 

ドリフトも効果的です。

 

ドリフトとは、潮の流れに乗せて自然に流すことです。

 

ナチュラルに流すことで食ってくることがあります。

 

クリア系やベイトに合わせたカラーのプラグを使うのも有効です。

 

参考動画

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「クロメバル(黒メバル)の船釣り仕掛け

ホーム