メバルの穴釣りの釣り方 

メバルの穴釣りの釣り方

メバルの穴釣りの釣り方についてご紹介します。

 

テトラの隙間などが好ポイントになっています。

 

潮が流れていて、ベイトがいるような場所がよいです。

 

あとは、ここぞという穴を探すしかありません。

 

 

この釣りは、ひたすら移動して、歩き回る釣りです。

 

穴を見つけたら、どんどんアタックしましょう。

 

穴釣り テトラ メバル

 

 

 

釣り方は非常に簡単です。

 

穴を見つけたら、その穴に仕掛けを投入し、底まで沈めます。

 

底についたら、糸ふけをとって、軽く竿先を上下に動かした後、何もせずに当たりを待ちます。

 

 

エサで釣る場合は、それほど誘いをかけなくても食ってきます。

 

どちらかと言えば、あまり動かさない方がよいです。

 

しばらく待って、当たりがなければ仕掛けを回収し、エサの確認をします。

 

エサがなくなっていれば、魚がいる可能性が高いので、もう1度チャレンジしてみましょう。

 

 

ワームで釣る場合は、誘いをかけないと食ってきませんので、適度にちょんちょんと誘っては止めます。

 

しばらくそれを繰り返しても食ってこない場合は、場所を変更します。

 

メバル釣り 穴釣り ブラクリ

 

 

違和感があったら、とにかく合わせてみてください。

 

魚がかかれば、すぐにロッドを立てて素早く巻き上げなければなりません。

 

穴釣りは仕掛けを穴に落とし込んでの釣りなので、のんびりしていると根に潜られてしまいます。

 

そうなれば、もう引き上げるのは難しいでしょう。

 

魚が逃げるだけでなく、仕掛けもロストしてしまいます。

 

釣り自体は簡単なので、初心者や女性でも十分楽しめます。

 

足場が悪いことが多いので、転落などには注意が必要です。

 

 

参考動画

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバルのカブラ釣り仕掛け

ホーム