メバルのテトラの穴釣り仕掛け(ロッドなど)ワームも面白い

メバルのテトラの穴釣り仕掛け(ロッドなど)ワームも面白い

メバルの穴釣りは、1年中行える釣りで、朝マズメや夕マズメがおすすめの時間帯です。

 

もちろん、夜釣りでも狙えますが、危険が伴いますので注意が必要です。

 

 

メバルの穴釣りも、探り釣りの一種です。

 

他の探り釣りと仕掛けが若干異なりますので、別にご紹介します。

 

仕掛けは次のとおりです。

 

穴釣り 仕掛け

 

穴釣り 仕掛け

 

ロッドは、長さ2m前後でやや硬めのものがおすすめです。

 

長すぎると、近くにあるポイントに仕掛けを落とし仕込みにくいです。

 

あまり柔らかいと誘いがかかりません。

 

バスロッドなどが非常に使いやすいです。

 

Amazonで穴釣りで使える竿を探す!

 

 

リールは、スピニングリールでも両軸リールでも構いません。

 

小型のもので十分です。

 

使いやすいものを選んでください。

 

Amazonで穴釣りで使えるリールを探す!

 

 

道糸は、ナイロンの2〜3号でブラクリやジグヘッドを使います。

 

サルカンなどは、根がかりの原因となりますので、なるべく使わない方がよいです。

 

 

仕掛けには、ブラクリか、ジグヘッドを付けます。

 

ブラクリは1〜3号、ジグヘッドは1〜2号を使います。

 

ブラクリの場合は、オキアミやアオイソメなどのエサを使ってもよいし、ワームを使ってもよいです。

 

ジグヘッドの場合は、ワームを付けます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「メバルの穴釣りの釣り方

ホーム